【最新2017】ひどいつわりの症状を劇的に軽減させる方法まとめ

2回のつわりで合計13キロ痩せてひどい便秘で痔になった私。妊娠中のツワリ軽減対策・便秘解消について説明します。ひどい悪阻と便秘の症状や原因を知り、上手な予防や対処法を学んで快適なマタニティライフを送ろう♪あなたのつわりを改善し楽にするためのブログ

【簡単】妊娠してから「肌が乾燥する」と悩む妊婦さんがとるべき対策

妊娠してからがかゆい…』

『すごく乾燥する…』

と肌の変化に悩んでいる妊婦さんはいませんか??

 

あなたがそう感じるのには、実はキチンとした理由があります。

 

このページでは妊婦さんの肌が乾燥してしまう原因ととるべき対策について紹介しています(*^^*)ぜひ参考にしてくださいね♪

 

 

妊娠中の肌が乾燥してしまう4つの原因とは?

f:id:namakouso:20180516104838j:plain

1.ホルモンバランスの変化

妊娠するとプロゲステロンとエストロゲンと言う2種類のホルモンが活発になります。
このプロゲステロンは『黄体ホルモン』とも呼ばれています。生理前にも分泌量が増加するんですよ。

 

生理前は肌荒れや頭痛・むくみ・イライラなどに悩む女性も多いですよね?

この時と同じプロゲステロンの量が妊娠中にも増加して肌荒れを引き起こします。

 

 

2.栄養不足

妊婦さんがは栄養不足になりがちです。その原因は2つあります。

1つは優先的に赤ちゃんに栄養が送られてしまうこと。これにより今までの食事量ではママの栄養が足りていないと言うことです。

 

2つ目はつわりです。つわりによって食べられるものや飲めるものが限られる場合があります。そうすると栄養のバランスも崩れがちです。

 

このような2つの理由により、美肌に欠かせないビタミンやミネラルが不足してしまうことが多いのです。

 

3.睡眠不足

妊娠をしていない時も睡眠不足によって免疫が下がると、肌が荒れたり口内炎ができたりしますよね??


妊娠するとホルモンの影響で眠りが浅くなりがちです。体も疲れやすく、免疫力も低下する時期なので疲れをためないようにしましょう。



 

 

スポンサーリンク

 

 

 

 

妊娠中の肌の乾燥が引き起こす2つの症状とは?

f:id:namakouso:20180517235636j:plain

1.痒み

乾燥がひどくなると肌が赤くなったり痒くなったりします。
特に乾燥している冬の季節は痒みも強く出ることがあります。


痒くて眠れないなど症状がひどい時は専門医に相談してみましょう。きちんと妊娠中であると伝えれば、妊婦さんでも使える塗り薬を処方してもらえますよ(*^^*)

 

 

 

f:id:namakouso:20180517234524j:plain

2.妊娠線

乾燥すると肌の柔軟性が失われ弾力もなくなります。

 

そんな時に体重が増えてお腹がどんどん大きくなると皮膚が勢い良く引っ張られてしまいます。その皮膚の伸びの速さについていけないと肌の真皮が断裂してしまい妊娠線となって現れます。

 

 

乾燥が気になる妊婦さんが行うべきたった2つの対策

f:id:namakouso:20180516205732j:plain

1.規則正しい生活

栄養不足や睡眠不足からくる肌荒れや肌の乾燥には、やはり水分・栄養・睡眠をきちんと取る事が大切です。

つまり食事は1日3食きちんと食べて、早寝早起きをすると言う規則正しい生活を基本にしましょう。また妊娠中は普段より疲れやすいので睡眠時間を1時間早めるな工夫してみましょう。

 

2.保湿・妊娠線予防の対策

f:id:namakouso:20180517235933j:plain

食生活や生活リズムを改善できても、残念ながらホルモンバランスまでは変えることができません。そこで保湿と妊娠線の予防もしておきましょう。

 

妊娠線は肌が乾燥した状態、つまりお肌の弾力が失われコンディションが悪い時に、どんどん皮膚が引っ張られてしまい、その力に勝てなくて肌に亀裂が入ってしまった状態を指します。


また妊娠線の予防をは妊娠後期にだけすれば良いと思っている人も多いですがそれは間違いです。

 

確かに体重が増えたり、肌に1番負担のかかる時期は妊娠後期です。でも妊娠初期からホルモンバランスは変わり肌の状態は悪化しています。

 

だからもし妊娠線を絶対に作りたくないと思うのならば、妊娠初期からケアをする必要があります。どういうことかと言うと、肌に負担のかかる妊娠後期までにお肌が引っ張られてもそれに耐えられる力をつけておく必要があるのです。

 

その対策は妊娠線予防クリームで出来ます!クリームと言ってもただの保湿クリームではダメですよ。保湿することはもちろん、お肌の再生力を高める成分や新陳代謝を促す成分が必要なんです。

 

具体的には、シラノール誘導体が入っているクリームがいいですね。このシラノール誘導体は海外ではもう何年も前から『妊娠線の予防に効果が高い』と知られていて、妊婦さんが愛用しています。

 

日本にもたくさんの妊娠線予防クリームがありますが、シラノール誘導体を配合しているクリームはまだわずかです。

どんなクリームを選べばよいか分からない…!というあなたはこちらの記事も参考も読んで下さいね(*^_^*)↓ 

 

当サイトが選んだ本当に信頼できる♪

妊娠線予防クリームとは?

>>>妊娠線予防クリームおすすめランキング!成分・使用感・価格を比較 

 

 

☆もしよろしければ、ぜひ他の記事もご覧下さい➡記事一覧はこちら ☆