【最新2017】ひどいつわりの症状を劇的に軽減させる方法まとめ

2回のつわりで合計13キロ痩せてひどい便秘で痔になった私。妊娠中のツワリ軽減対策・便秘解消について説明します。ひどい悪阻と便秘の症状や原因を知り、上手な予防や対処法を学んで快適なマタニティライフを送ろう♪あなたのつわりを改善し楽にするためのブログ

妊娠線予防クリームおすすめランキング!成分・使用感・価格を比較

約70%の妊婦さんが悩まされる妊娠線。

一度できてしまったら完全には消えないため最近では「きちんとケアしよう」という動きが強まっています。

 

妊娠線は実はお腹だけじゃない!太ももやお尻、胸、ふくらはぎや二の腕にできてしまう人もいます…。

 

予定日まであと3日!という妊婦さん。最後の最後で一気に妊娠線ができてしまう場合も。

 

そしてたくさんの妊娠線予防クリームも発売され、マタニティ雑誌でも特集が組まれていますよね(*^^*)

 

しかし沢山の商品がありすぎてどれを選べば良いのか?本当に効果があるおすすめは?と迷ってしまうプレママさんも非常に多いです。

 

  • 必ずしも『今人気のクリームだから、新発売のクリームだから効果が高い』とは限りません!

  • 『市販や薬局で買える安い物!!』というママもいますが、これも正しい選び方ではありません。

 

なぜなら安いクリームは保湿だけの効能しかなかったり、添加物が多かったりするからです。

 

まず妊娠線予防クリームやオイルを選ぶ際にどんなことに気を付ければよいのか復習しましょう(*^_^*)

 

 

妊娠線ができる2つの要因は?

f:id:namakouso:20180529101614j:plain

1、ホルモンバランスの変化による肌コンディションの悪化

妊娠すると体内のホルモンのバランスが変化します。これによりお肌は敏感な状態に。乾燥しやすくなったり痒みを感じるプレママさんも多いです。

 

また肌の弾力が失われたり、肌の新陳代謝能力がおちて皮膚が再生しにくくなってしまいます。つまり妊娠期間中は肌トラブルが起こりやすい状態なんです。

 

 

f:id:namakouso:20180524154901j:plain 

2、急激な体重増加による肌の伸び

敏感な状態のお肌。そんな状況の中で妊娠すると一気に体重が増えて、短期間のうちに肌をグイグイと引っ張り負担をかけてしまいます。

 

このような体重増加や皮膚の伸びに真皮が耐えられずに断裂してしまうのです。これが表皮から透けて見える状態が妊娠線です。

 

 

妊娠線の原因から見る妊娠線予防クリームの選び方とは?

f:id:namakouso:20180529101829j:plain

妊娠線の原因は

  • ホルモンバランスの変化により肌が弱っていること
  • 急激な体重増加により肌に過度の負担がかかること

だと分かりました。

 

ではどのような妊娠線予防クリームを選べば良いのか分かりますか?

5つのポイントがありますよ(*^^*)

 

まず1番重要なのが成分です。

通常よりも高保湿であることはもちろん肌の再生能力や新陳代謝を高める効能のある成分を補給しましょう。これによりお肌自体の力が上がります。

 

2つ目は良い成分であることは前提で優しく低刺激な成分を選ぶことです。今までは大丈夫だったものでも妊娠中は痒くなったり肌トラブルを起こすこともあります。毎日安心して使えるクリームを選びたいですね。

 

そして3つ目は毎日ストレスなく使えるように伸びがよいもの、

4つ目は妊娠中でも香りがきつくなく気持ち悪くならないもの、

5つ目は約半年以上使うものなので価格です。

 

このように赤ちゃんでも使用できる成分で、肌を活性化させる働きがあるものを選んでおきましょう。そうすれば仮にクリームが余ってしまっても赤ちゃんの保湿、産後のママのケアとして親子で使うことができます(^_-)-☆

 

妊娠線予防クリームの正しい選び方についてはこちら↓

【妊娠線予防クリームの選び方】効果なし…と後悔しない5つの選び方 

 

 

 

f:id:namakouso:20180529120248j:plain

以上のキチンとした5つの根拠を元に本当にオススメできる妊娠線予防クリームを3つだけ紹介しますので、是非参考にして下さい(*^-^*)

 

妊娠線予防クリームおすすめランキング!成分・使用感・価格を比較
f:id:namakouso:20180529101144j:plainベルタ妊娠線クリーム 

高品質で無添加・オーガニックのクリーム。

着色料・石油系界面活性剤・鉱物油・パラぺン・シリコン・エタノール・紫外線吸収剤などは一切不使用。
コエンザイムQ10が肌のハリを再生し、シラノール誘導体が肌の新陳代謝や弾力を高める!
美肌に欠かせないコラーゲン・ヒアルロン酸・スーパープラセンタなども配合!
公式サイトで購入すると電話サポートがあり、通話料無料で相談に乗ってもらえる。
初回500円で申し込めるキャンペーン中!

公式サイトはこちら>>>

f:id:namakouso:20180529101257j:plain自然派ママの決定版。理想の妊娠線クリーム【MONAMAMMY】 

ココナッツオイル・シアバター・アルガニアスピノサ核油・オリーブオイルの4つのオイルで贅沢保湿。
シラノール誘導体が肌細胞を修復&活性化!
幹細胞エキスがターンオーバーを改善させます。
90日間安心返金保証付き!
妊婦さんのための葉酸や青汁、オリゴ糖などを販売するはぐくみプラスの商品として注目!

公式サイトはこちら>>>

f:id:namakouso:20180529101339j:plain肉割れ・妊娠線ケアに!プレマーム♪ 

肌の引き締め効果が高いレジストリル、ハリや弾力を高めるシラノール誘導体、油分を補い肌のバリア機能をしてくれるフラーレン、3つの成分が妊娠線や肉割れに作用します。
保湿力に優れたヒアルロン酸やセラミドが肌を乾燥から守る。
もちろん合成着色料や香料、エタノール、鉱物油、紫外線吸収剤、サルフェートなどは不使用。
リピート率は脅威の84%の人気。
180日間の返金保証付き!

公式サイトはこちら>>>

 

 

海外の研究でも妊娠線予防に効果があると話題の「シラノール誘導体」

今回ご紹介した3つのクリームには全て含まれています(*^^*)しかし一般的なクリームにはまだまだ含まれていないことの方が多いです。

 

例えばシャネルやランコムなどの高級化粧品にもシラノール誘導体は含まれています。

 

このような高品質の成分のため、安価な保湿クリームには入っていません。

 

せっかく妊娠線を予防するなら、少しでも効果の見込めるものを選びたいですね(^_-)-☆

 

またシラノール誘導体は配合成分としては「アスパラギン酸メチルシラノールヒドロキシプロリン」や「マンヌロン酸メチルシラノール」などと記載されていますよ☆

 

 

妊娠線予防クリームおすすめのケア方法を伝授!

f:id:namakouso:20180529051227j:plain

さて良いクリームが分かったところで、正しいケアの方法についても確認しておきましょう(*^^*)

 

妊娠線予防としてオススメのケアを3つお話します。

1、妊娠線ケアは妊娠初期から始めるべし

妊娠線が実際にできる時期は妊娠中期~後期にかけてです。

しかし妊娠と同時に体内のホルモンバランスの変化は始まっています。つまり妊娠初期から肌は乾燥しやすく、免疫力も下がっていきます。

 

だから妊娠初期から十分に保湿成分と栄養を与えてあげることが重要です。そうすることによって妊娠中期以降、一気に体重が増え始めた時に耐えられるお肌を作ってあげましょう(*^^*)

 

 

2、妊娠線予防クリームはマッサージせずに広げる

クリームのサイトによっては『つけながらマッサージしましょう』と書かれていますが、妊娠初期はデリケートな時期。

お腹に刺激を与えることでお腹が張ってしまうママもいます。

ムリにマッサージはせずに、妊娠線予防クリームを優しくゆっくり広げましょう(*^_^*)

 

 

3、1日2回、余力があれば3回塗ろう!

専用の妊娠線予防クリームは高保湿成分が配合されている物が多いです。しかしそれでも24時間潤いをキープするのは困難

 

もしあなたが元々乾燥肌タイプだったり、乾燥の季節である冬の妊婦さんの場合にはより丁寧なケアが求められます。最低でも朝と晩一日2回、また乾燥が酷かったり余力のある妊婦さんは3回くらい塗ることで妊娠線予防の効果は各段に高まります(*^^*)

 

 

妊娠線予防クリームオススメランキングまとめ

f:id:namakouso:20180516205732j:plain

妊娠線ができてしまう原因をきちんと探ることで、どのようなクリームを選べばよいのか分かりますね。

 

私自身も最初は「保湿」しか考えていなかったので、クリームよりもオイルの方がいいのかな?などと思っていました。

 

しかしきちんと原因を知ると、妊娠線は保湿だけでは防ぎきれないことが分かります。

 

肌本来の再生力を高めるサポートが重要なんです(*^^*)それを可能にするシラノール誘導体や高浸透ビタミンが入っているクリームを選びましょう♪

 

妊娠期間は10ヶ月。お気に入りのマタニティクリームを見つけて、楽しい妊婦ライフを送りましょう(*^_^*)

 

また妊娠線を効率的に予防するには妊娠初期からのケアが大切!ということも忘れないでくださいね☆

 

 

☆もしよろしければ、ぜひ他の記事もご覧下さい➡記事一覧はこちら ☆