【最新2017】ひどいつわりの症状を劇的に軽減させる方法まとめ

2回のつわりで合計13キロ痩せてひどい便秘で痔になった私。妊娠中のツワリ軽減対策・便秘解消について説明します。ひどい悪阻と便秘の症状や原因を知り、上手な予防や対処法を学んで快適なマタニティライフを送ろう♪あなたのつわりを改善し楽にするためのブログ

マタニティオイルamoma口コミ!他にはない特徴と注意点・評判まとめ

ハーブティーで有名なAMOMA。マタニティオイルでも注目を集めているって知っていますか?

 

f:id:namakouso:20180522045014j:plain

たまごクラブを中心とするマタニティ雑誌に度々取り上げられ、楽天ランキングでも1位を獲得しています(*^^*)そんなマタニティオイル他とは違うamomaならではの特徴とは何でしょうか?

 

こちらのページでは、マタニティオイルamomaの開発の経緯や他の妊娠線予防オイルとの違いや特徴、また口コミから分かる評判などをまとめています。

 

どんな商品が詳しく知りたい!ほかのオイルとどう違うの?安く買える場所はどこ?と思うあなたはぜひ参考にして下さい。

 

 

マタニティオイルamomaはだれが開発したの?特徴とは?

このオイルの特徴は実績のあるマタニティアロマセラピストのプロが開発に携わっている点です。実際にこの先生が長い間使用してきた3種類の精油(パルマローザ・フランキンセンス・マンダリン)を配合しています。

 

f:id:namakouso:20180522054636j:plain

 

マタニティオイルamomaの特徴は下記の5点です。

  • 日本人の肌にすっとなじむように米ぬかを原料としたライスオイルを使用
  • 保湿力が優れていると有名なマカデミアナッツオイルを採用
  • 3種類の精油が配合
  • 100%植物性
  • 合成香料・合成着色料無添加

 

 

マタニティオイルamomaの成分って?赤ちゃんも使えるの?

f:id:namakouso:20180522051452j:plain

それでは詳しく成分を見ていきましょう。

  • ライスオイル‥‥日本人の肌になじみやすい米ぬかを原料したオイル。低刺激で高い保湿力が魅力です。
  • マカデミアナッツオイル‥‥肌への浸透力が高いと評判で古代より使用されてきたオイル。べたつかず、しかししっとりとするところが人気です。
  • パルマローザ‥‥乾燥やシワ対策のスキンケア製品にも使用されています。お肌にハリとうるおいを与えることが出来る精油です。
  • フランキンセンス‥‥古くからエイジングケアに使用されています。また心のイライラやモヤモヤ・不安を鎮めてくれる効果もあります。
  • マンダリン‥‥お肌を柔らかく保つのに役立ちます。シトラス系の香りで気分もリフレッシュします。

 

また『もし余ってしまったら産後赤ちゃんにも使用できるの?』という点ですが、残念ながらこのオイルは赤ちゃんには使用できません。 

 

アロマオイル(精油)の含まれているオイルは濃度が濃く、繊細でデリケートな赤ちゃんの肌ではトラブル起きる可能性も否定できないからです。

 

海外ではアロマ入りのオイルでも赤ちゃんへの使用を許可しているものもありますが、万が一の肌トラブルを考えると使用しない方がいいですよね。きちんと使用を禁止してくれるamomaは信頼できるなぁ!と感じます(*^^*)

 

余ったオイルは産後のママのスキンケアに利用しましょう!!

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

 

マタニティオイルamomaの口コミから分かる評判

f:id:namakouso:20180522102046j:plain

アットコスメの口コミ

まず匂いですが、柑橘系の爽やかな匂いで私は好きでした!手で少し温めてから使うと温かくて気持ちいいです!オイルなのにさらっとしていて伸びもよく1プッシュで十分なのでコスパも良いです!
重要な妊娠線ですが、少し残ってしまいましたがオイルを塗っていたお陰かほとんどわからない程度で済みました!使って良かったです(*^^*)

 

友人にすすめられて購入。
気にいった点
・オイルなので保湿力がある
・そんなにベタベタしない

イマイチな点
・柑橘系の匂いがきつい
妊娠中だったため匂いに敏感でした

妊娠線予防にとがんばってぬってましたが、妊娠線できちゃいました>_<
オイルのせいではないですが>_<

 

 

楽天のレビュー

お値段も他のとくらべて安い方だし
使用感もいいです。かなりお腹がまえに突き出してますがまだ妊娠線は出来ていません 

 

2本目です
匂いも妊娠初期から気にならず
ベタベタ感もなく程よく伸び使いやすいです。まだ7ヶ月目ですがかなりお腹は出てきてますがまだ妊娠線はでてきてないようです

 

公式サイトの口コミレビュー

第二子妊娠し、4ヶ月頃から別メーカーのオイルを使用していたのですが、お値段が高く継続して使うのを断念し、アマモのオイルに乗り換えました。 第一子妊娠中にミルクアップブレンドで母乳量が増え、効果があったのでこちらのオイルも妊娠線が出ない事を期待しています。 パンプが付属されていたので、使い勝手も良く、オイルはベタべタすぎず、香りも良く使い心地はとても良いです。

 

安定期頃から使い始めたマタニティオイル♡ 暑い暑い夏が来て どうなるかと思っていましたが 汗の量が多くてシャワーを一日何度か浴びても お腹だけはしっかりオイルで保湿! 途中おっぱいがあせもっぽくなってしまった時は オイルマッサージは夜だけにしたりと 肌の調子に合わせてケアをしています♪ 今のところビキニも着れちゃうほど 妊娠線の気配なし!優秀オイルですよ〜 あとひと月 ドキドキワクワクその日を待ちながら お腹のベイビーちゃんとのマッサージを続けます!

 

マタニティオイルamomaの口コミまとめ

f:id:namakouso:20180516205732j:plain

1つのサイトではなく様々なサイトから口コミを集め、評判を確認してみました。

中には残念ながら妊娠線ができてしまった人もいてオイルを塗っていたからと言って100%完全に防げるものではないことがわかりました(>_<)


しかし全体的にはかなりの高評価で個人的にも買う価値があるなと思いました(*^^*)口コミの中でも多かった意見をわかりやすいように箇条書きでまとめます。

  • オイルなのにタベタせずしっとりする
  • お風呂上がりに塗って翌朝も保湿されているのを感じる
  • マタニティーオイルの中では値段も安く続けやすい
  • オレンジのオイルが爽やかでとても癒される
  • 匂いは思ったよりも強かったけれど、とても好きな匂いです
  • もうかなりお腹が前に突出していますがまだ妊娠線ができていません♪
  • 乾燥でかゆい時も塗ったらすぐに落ち着きます
  • アトピー性皮膚炎でも使えたのでよかった
  • 途中でなくなったので薬局の安いオイルに変えたら湿疹ができてかぶれたのですぐにこのオイルに戻った
  • ポンプ式で使いやすく液だれしないのでストレスがない

 などです(*^^*)

 しっかりと保湿しつつもべたつかない。またオレンジの香りがリラックス効果をもたらすこと、そして妊娠9ヶ月でも妊娠線ができていないことなどが魅力ですね!

 

 

マタニティオイルamomaの塗り方・使い方

オイルを手に取ったらまずは手のひらで温めます。温めるとより伸びがよくなりますよ。そして優しくお腹全体に広げていきます。

 

足の付け根やお腹の下側にも丁寧に塗ってきます。特にお腹が大きくなってきてからはお腹の下側を注意してケアしましょう。

 

なぜなら、お腹の下側はママの目線からは見えにくいですが妊娠線のできやすい場所だからです!!

 

詳しくはこのように図解の説明つきの冊子が一緒に届きますよ(*^^*)

f:id:namakouso:20180522103113j:plain

これを見れば使い方も一目瞭然です。

 

気をつけることとしては妊娠初期~中期ですね。この時期は強くマッサージしてしまうとお腹が張ってしまうので、オイルを広げるイメージでつけましょう

 

もちろんお腹が張っている時は無理せずに、様子を見て使っていきましょう。

 

 

マタニティオイルamomaの価格比較・最安値はどこ?

ここでは公式サイト・楽天・Amazon・ヤフーの価格を表にします。(2018年5月の調査時点での価格です)

 
   公式    楽天  Amazon ヤフー 

 価格

 3,703円  3,999円  3,999円  3,999円
 送料  送料無料  送料無料  送料無料  送料無料
 合計  3,703円  3,999円  3,999円  3,999円
 

ちなみにこちらはお得用の500mlの値段です。大容量でこの価格は他社のオイルに比べて本当にリーズナブルで有難いですね!

(小さいタイプは送料が500円ほどかかりますし、割高です…)

 

各サイトを調べた結果、公式サイトが一番安いことが分かりました(*^^*)

お得用はどこも送料無料なのは有難いですね。でも同じ商品なら安い方がいいです☆

そんなあなたは公式サイトを利用しましょう♪ 

 

 

当サイトが選んだ本当に信頼できる♪

妊娠線予防クリームとは?

>>>妊娠線予防クリームおすすめランキング!成分・使用感・価格を比較 

 

 

☆もしよろしければ、ぜひ他の記事もご覧下さい➡記事一覧はこちら ☆