【最新2017】重いつわりの症状を劇的に緩和させる方法まとめ

2回の悪阻で合計13キロ痩せた経験を持つ私がツワリ対策について教えます。つわりの症状や原因を知り、上手な予防や対処法を学んで快適なマタニティライフを送りましょう♪あなたの悪阻を少しでも軽減したり楽にするためのブログです。

今だけ初回500円で購入できるチャンス>>>ベルタ妊娠線クリームはこちら

食べづわりの救世主♪太らないで美肌に導く食材とは?

 

食べづわりの妊婦さん。本当は『食べたくない』という気持ちなのに、食べないと気分が悪くなるから仕方なく食べていませんか??

仕方なく食べると気分も落ち込むし、特に体重管理が厳しい産院に通っている人は大変ですよね?

 

f:id:namakouso:20161209224024j:image

 

私も二人目の妊娠中は吐きづわりと食べづわりが交互にやってきて、精神的にも肉体的にも何だかとても疲れましたね。そんな状況の妊婦検診の際に産院の先生に相談したんです。そこで学んだ食べづわり中のオススメ食材、食べつわりを乗り切る方法について紹介していきます。

 

スポンサードリンク

妊娠線を予防するなら妊娠初期からのケアを!

 

太りにくく肌にも良い食べづわり中のオススメ食材はコレ!

①イチゴ

フルーツは水分が多いのでのど越しよく食べることが出来て、さらにお腹にもたまりやすく満腹感を感じやすいです。それに甘味もあるので『食べた』という満足感もあります。フルーツの中でも、イチゴはビタミンCが豊富で抗酸化作用も高いので美肌作りには欠かせません。また妊娠初期に必要な葉酸も豊富に含まれている食材です。

 

②ブルーベリー

ブルーベリーに豊富に含まれるビタミンC,Eとアントシアニンは肌の老化を防いでくれます。食べつわりの時はちょこちょこ回数を食べたいので、少しずつ食べることができるブルーベリーはお勧めなんですよ。

 

③やまいも

ねばねばの中に含まれるムチンという成分が、肌荒れを改善し肌の保水力を高めてくれます。そのまま摩り下ろして食べたり、ご飯にかけたりと難しい調理をしなくても食べることが出来るのでツワリ中は助かりますね!

 

④ニンジン

ニンジンに含まれるベータカロチンは体内でビタミンAに変化します。ビタミンAは肌の乾燥を防いでくれる効果があります。

 

フルーツや野菜は脂質が少なく太りにくいので、食べつわり中にもオススメの食材です。さらに上記の食材であれば、美肌効果も見込めるので食べるが楽しくなるのでは?もちろん調理法は蒸す・煮るなど油を使わない方法がお勧めです。

 

(番外編)⑤アイスの実

アイスは太りにくいとは言い難いですが、食べつわり中はアイスの実に本当に助けられました。冷たいので胸から胃がスーーッとしてすっきりしましたよ。また一口ずつ少量で食べられるのも有難かったです^^

 

 

つらい食べづわり中に何を食べるか困ったら、自分が少しでも前向きになれるような食材を食べてみてはいかかでしょうか?

食べつわり中はどうしても食事の回数が増えるので、1回の食事量を減らすことは必須です。そして間食をフルーツにするのがお勧めですね。

食べつわりでも体重管理に成功する人は『むやみに食べてはいけない』と決めるのではなく、『食べても良いもの』を決めておくのです♪そうすると気が楽ですよ!ストレスを溜めて爆発、そして暴飲暴食という事にならない様にしましょう!

また人間は水分不足の状態でも空腹を感じやすくなるので、こまめに水分補給することも大切です^_^

 

関連記事はこちら↓

tuwari-kenkyujyo.hateblo.jp

 

tuwari-kenkyujyo.hateblo.jp

 

tuwari-kenkyujyo.hateblo.jp

 

 

☆もしよろしければ、ぜひ他の記事もご覧下さい➡記事一覧はこちら ☆

(私と同じ様につわりに苦しむ妊婦さんのためにたくさんの本や資料を読んでつわりの解決策を学びました。きっと何かお役に立てる情報があるはずです♪)