【最新2017】ひどいつわりの症状を劇的に軽減させる方法まとめ

2回のつわりで合計13キロ痩せてひどい便秘で痔になった私。妊娠中のツワリ軽減対策・便秘解消について説明します。ひどい悪阻と便秘の症状や原因を知り、上手な予防や対処法を学んで快適なマタニティライフを送ろう♪あなたのつわりを改善し楽にするためのブログ

今だけ初回500円で購入できるチャンス>>>ベルタ妊娠線クリームはこちら

妊娠初期に必要な栄養素の葉酸がつわりで取れない時はどうする?

 

妊娠すると『葉酸』の存在を知りますよね?妊活をしてる方は妊活中から飲んでいる人も多いんです。妊娠初期に特に重要と言われる葉酸ですがどんな働きをするのでしょうか?

またつわりで食事が思うようにできず葉酸が取れない、サプリメントで飲もうとしても吐いてしまう、そんな人はどうしたら良いのでしょうか?

 

f:id:namakouso:20161121122809j:image

 

そもそも葉酸とは?

葉酸とはビタミンB群の仲間です。妊娠初期の頃赤ちゃんは日々細胞分裂を繰り返して成長していきます。その妊娠初期の頃は赤ちゃんの神経管が急速に発達する非常に重要な時期です。葉酸を摂取することで、神経管閉鎖障害の発症リスクを軽減することが出来るのです。

厚生労働省でも妊婦さんは1日あたり400μgの葉酸を摂取するように推奨しています。

もちろんこの量が食事から取れるのであればそれが1番望ましいのですが、葉酸は熱に弱くて身体への吸収率も低い栄養素なのです。

400μgを摂取するためには野菜とサプリメントで併用して摂取することが現実的でしょう。葉酸はブロッコリーやほうれん草、イチゴなどに多く含まれていますよ♪

また近年何種類ものサプリメントが販売されている葉酸ですが、葉酸の量や葉酸以外の成分、また価格がそれぞれ違います。

安価なサプリメントの中には添加物が多いものもあるので注意が必要です。

どの葉酸サプリメントを選んで良いか分からない・・・と言うあなたは厚生労働省が推奨している【ベルタ葉酸サプリ】 【ジュンビー葉酸サプリ】 を取るのも1つです。

 

ちなみにつわり対策に効果のあるサプリメントのランキングはこちらです↓

tuwari-kenkyujyo.hateblo.jp

 

 

スポンサードリンク

後悔する前に!妊娠線を予防するなら正しいケアを↓

 

 

妊娠初期に重要な成分葉酸を効果的に摂取するには?

①食事ができる場合

葉酸が豊富な食品を取りつつ、サプリメントも併用して1日440μgの摂取を目指しましょう!

上記で紹介したブロッコリーほうれん草、イチゴ以外には、モロヘイヤ、枝豆、キウイ、バナナ、またマイタケ、エリンギ、えのきなどのキノコ類にも葉酸は豊富に含まれています。

熱に弱い成分なので調理法にも気を配りましょう^^

 

②食事ができない・サプリメントも吐いてしまう場合

食事はもちろん水分やサプリメントも吐いてしまう重症妊娠悪阻の場合は、産院に相談して点滴治療を受けるのが良いでしょう。

葉酸はビタミンの一種ですが、妊娠中に使われる点滴もビタミンを中心とした成分で構成されています。だから葉酸サプリはつわりの軽減にも役立つと言われるんですね!

私は口からの物は一切受け付けない期間があり、その時期は点滴にお世話になりました。上の子を連れて産院に行ったこともありますが、個室を用意してくれてゆっくり治療することができましたよ^^

『つわりで病院に行くのは申し訳ないかな』と思って遠慮していた時期もあったのですが、行ってみると他にも点滴を受けている妊婦さんがいて安心しました。

重症妊娠悪阻になる妊婦さんは全体の割合からすれば少ないですが、一定の割合でいるので看護師さんも先生も慣れています。あまり頑張りすぎず相談するのもお勧めですよ!!

ちなみに私は劇的な改善はなかったのですが、私の妹は1回の点滴でその後の悪阻がほとんど治まるような改善を感じたんです。人によっては数回の点滴で症状がなくなるほどつわりが良くなる場合もあります。

 

 ママはつわりで辛い時期ですが、赤ちゃんもお腹の中で目まぐるしく成長して頑張っている時期です。つわりで食べれなくても必要な栄養はなるべく届けてあげたいですね^^

あなたのつわりが少しでも改善して、赤ちゃんがすくすく成長しますように☆

 

 

☆もしよろしければ、ぜひ他の記事もご覧下さい➡記事一覧はこちら ☆

(私と同じ様につわりに苦しむ妊婦さんのためにたくさんの本や資料を読んでつわりの解決策を学びました。きっと何かお役に立てる情報があるはずです♪)