【最新2017】重いつわりの症状を劇的に緩和させる方法まとめ

2回の悪阻で合計13キロ痩せた経験を持つ私がツワリ対策について教えます。つわりの症状や原因を知り、上手な予防や対処法を学んで快適なマタニティライフを送りましょう♪あなたの悪阻を少しでも軽減したり楽にするためのブログです。

今だけ初回500円で購入できるチャンス>>>ベルタ妊娠線クリームはこちら

理解してくれない!?つわり中に旦那さんにしてほしいこと

 

つわり中の奥さんをお持ちの旦那さま。

常に体調が悪そうで笑顔もなく毎日しんどそうな顔をしている奥さんを見るのはとても辛く、それが長期間続くと自分まで気が滅入りますよね( ;  ; )

 

f:id:namakouso:20161111215404j:image

 

でもここが一番大切な時期!男の器の見せ所ですよ。

私だって笑顔になりたいんです。家事だってしたいし、掃除された家で快適に過ごしたい!仕事で疲れて帰宅する旦那さんに美味しい夕飯を用意していたい!でも出来ないんです。

だけど、あなたとの大切な大切な子供をお腹の中で育てています。妊娠期間は10ヶ月。どんなにつわりが長い人でも何十年もある結婚生活のうちのたった10ヶ月。奥さんを助けてあげませんか?

あなたの株が上がり、つわり中に優しくしてくれた恩は一生忘れませんよ^ ^

でもね、体の自由が効かない本当に辛いつわり中に酷いことしたら・・・一生恨むよ( 一一)w

 

スポンサードリンク

後悔する前に!妊娠線を予防するなら正しいケアを↓

 

つわり中の旦那さまの行動。これだけは止めて!

 

①理解のない態度や暴言

もうね、これは最悪です。身体的に大変な人に精神的な苦痛まで与えては絶対にいけません。つわりはホルモンバランスなどが原因と言われているのでこんな事をしたら余計につわりが悪化したり長引きます。

 

②非協力的な態度

夫婦は共同生活なので、奥さんができない家事は手伝ってあげましょう。

例えば洗濯や掃除、食器洗いなど。旦那さまだって仕事があって大変ですから全部じゃなくていいんです。一日1つでもとても助かります。またつわり中だけでもお弁当作りなどを休ませてあげましょう。

 

③タバコやお酒、体臭

つわり中は些細な臭いでも吐き気が起きたり実際に吐いてしまいます。また元々タバコやお酒が好きだった女性はたばこやお酒を我慢しているわけですよね?そんな人を前にタバコを吸ったり深酒をしてお酒の匂いを漂わすのはやめましょう。

でも旦那さまだって付き合いもあるし息抜きも必要ですよね^^ だからそんな日は帰宅後すぐに入浴して匂いを消してしまいましょう!

 

スポンサードリンク 

 

 

惚れ直した♡つわり中に旦那さまがしてくれて嬉しかったこと

 

①優しい言葉や手紙

『大丈夫?』『ムリしないでゆっくり寝てな』そんな言葉でいいんです。長い言葉はいりません。心配しているという気持ちは伝わります。

あと『今日は調子がいいと良いね!仕事行ってきます』なんていう一言の手紙やメモ。これはかなり嬉しいですね♡涙ながらに読みましたよ!

 

②家事の手伝い

週末にたまった洗濯物を洗濯したり、普段Yシャツをアイロンしているならクリーニングに出したり、スーパーの買い出しが出来ないなら代わりに行ってあげたり、もしくは宅配やネットスーパーを利用したりしましょう!

旦那さまが出来ることはやってあげて、出来ないことは便利な物に頼りましょう♪ 

料理だって手作りはもちろん嬉しいですが、出来なければ『食べれそうなものある?買ってくるよ?』とお弁当やお惣菜でもいいんです。

 

結婚して子供ができたら、これから家族・家庭を築いていくわけですよね?

一番大切なことはやはり思いやりです。

つわりで苦しく何もできない不甲斐ない自分に情けなさを感じているのは奥さん本人です。でもお腹の中で人間を一人育てているんだから凄いことですよね?

私は主人に本当によく気にかけてもらってあの時を思い出すと頭が上がりません。

日々生活していると『この人と結婚して良かったなぁ~』としみじみ考えることって少ないけれど、妊娠中はよく思いましたよ。

家事が手伝えなくても気遣うだけもいいんです。『辛いよね』と辛さを分かち合い、『マッサージしてあげようか?』と優しい言葉をかけてくれるだけで十分ですよ。

そうしたら奥さんだって『いつもありがとう。たまには息抜きして(出かけて)きてね』って多少の飲み会やゴルフ、旅行だって快く送り出せます。

間違っても『悪阻は病気じゃないんだから・・』なんて厳禁ですよ。一生恨まれます。

  

 

☆もしよろしければ、ぜひ他の記事もご覧下さい➡記事一覧はこちら ☆

(私と同じ様につわりに苦しむ妊婦さんのためにたくさんの本や資料を読んでつわりの解決策を学びました。きっと何かお役に立てる情報があるはずです♪)