読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

【最新2017】重いつわりの症状を劇的に緩和させる方法まとめ

2回の悪阻で合計13キロ痩せた経験を持つ私がツワリ対策について教えます。つわりの症状や原因を知り、上手な予防や対処法を学んで快適なマタニティライフを送りましょう♪あなたの悪阻を少しでも軽減したり楽にするためのブログです。

安産のため?それとも危険?妊娠中の運動はどうするのが正解!?

♦その他・お役立ち記事

   

妊娠初期やつわり中などほぼ寝たきり状態で安静にすることが多い妊婦さん。そうかと思えば体調が良い人はマタニティヨガやマタニティスイミングなどで積極的に体を動かしている人も多いですよね?さらに安産のためにと妊娠後期や臨月にはウォーキングを勧められます。

 

f:id:namakouso:20161025122715j:image

 

安定期に入ったらなんとなく運動を始めるイメージもありますが、どんな運動をするのが良いのでしょうか??スクワットなどの筋トレはしてもいいの?

妊婦さんの運動はいつからいつまで?またどんな運動をするのがいいの?

激しい運動をすることによって流産につながることはあるのか?運動をすると安産になるのは本当か?などの疑問を検証していきます^^

 

スポンサードリンク

 

妊娠中の運動が母体と赤ちゃんに及ぼす影響と効果とは? 

妊婦さんが運動すると具体的にママの体にはどのような影響があるのでしょうか?

①むくみ・腰痛の改善

運動することによって血行の流れが良くなると、老廃物も流れやすくなりむくみが改善されます。また筋肉の緊張もほぐれ腰痛も軽くなります。

 

②便秘の改善

ずっと安静にしていると腸の動きが弱まってしまいます。ウォーキングなどの運動によって腸周りが刺激されると、腸の動きも活発になり便秘の解消につながります。

 

③筋肉・体力の維持向上

適度な運動を続けることによって筋肉の衰えを防ぎ持久力を高められます。出産は体力勝負なので筋力を維持し出産に耐えられる体力をつけることができます。

 

④運動不足の解消

運動することで消費カロリーが増えて肥満や妊娠中の急激な体重増加の予防になります。年々増えている妊娠高血圧症候群なども運動をすることにより予防できます。

 

⑤つわりの軽減

運動することでセロトニンが分泌されてリフレッシュできます。また運動に意識を向けることで気分転換でき結果としてつわりの改善につながることがあります。

 

 

次に運動が与えるあかちゃんへの影響です。

①脳の成長スピードが早くなる

 妊娠中期頃の妊婦さんを『週3回20分程度の運動をする』グループと『全く運動をしない』グループに分けて出産後赤ちゃんの脳波を研究したところ、運動をしていたお母さんから生まれた赤ちゃんの方がたくさんの音を区別で聴覚記憶能力が優れていたことが判明しました。この研究をしたデイブ・エレンバーグ教授は『妊娠中に運動することで赤ちゃんの脳が通常より早く成長することが分かった』としています。

 

②肥満の予防

 妊娠中に運動をしていたママから生まれた赤ちゃんは肥満になりくいです。

 

 

スポンサードリンク 

 

妊婦さんにオススメの運動と時期とは? 

妊娠初期の身体は非常に不安定なので妊娠15~16週までは待ちましょう。妊娠中期頃になって体調が落ち着いていたら妊婦検診などで医師に相談してから始めましょう♪

内容はウォーキングが一番おすすめです。お腹に負担をかけずに出来て場所も選ばずどこでもできます。有酸素運動は20〜30分以上続けると良いでしょう。

ウォーキングしたいけれど、足の調子が悪いという方はこちらもご覧ください↓

 

tuwari-kenkyujyo.hateblo.jp

tuwari-kenkyujyo.hateblo.jp

 

次にオススメなのはスクワットです。足腰を鍛えることができ、骨盤周りも整えることができるのでお産にも良いとお医者さんに言われましたよ♪

ももっと運動したい人は医師の確認をとった上でマタニティスイミングやマタニティエアロビクスなども良いですね。ただしスイミングは温水プールがいいですね。冷たいプールでは体が冷え切ってしまいます。

逆に止めておいた方がいい運動サイクリング縄跳びなどです。自転車は妊娠後期頃にはお腹の重みなどからバランスを崩してしまうこともあり転倒が心配です。縄跳びは振動が直接子宮にいってしまうので良くないですね。またサッカーやバスケットボールなど複数人で行うスポーツも接触の恐れがあるので止めましょう。

 

妊娠中は出来る運動が限られますが、運動は母体にも赤ちゃんにも好影響をもたらしてくれます。普通の人は1週間安静にすると約20%筋肉が低下してしまうと言われています。そしてその低下した筋力を戻すのに1ヶ月かかるそうです。

出産そしてその後の育児は体力勝負です。寝不足はもちろん、日に日に重くなる赤ちゃんを抱っこしなくてはいけません。妊娠中期以降は必要以上に安静にはせず、適度な運動を心がけましょう。また雨の日や外出してまで運動をする気になれない日には、家でできるスクワットや雑巾がけがお勧めです。部屋中の雑巾がけをするとかなり良い運動になります。また『トイレや水回りを丁寧に掃除すると可愛い子が生まれる』なんていう迷信もありますよね。家事を丁寧にすることで運動変わりになり、部屋も綺麗になるので一石二鳥ですね^^

  

☆もしよろしければ、ぜひ他の記事もご覧下さい➡記事一覧はこちら ☆

(私と同じ様につわりに苦しむ妊婦さんのためにたくさんの本や資料を読んでつわりの解決策を学びました。きっと何かお役に立てる情報があるはずです♪)

 

スポンサードリンク

 

知ってる?マタニティーランキング驚きの結果は・・・