【最新2017】ひどいつわりの症状を劇的に軽減させる方法まとめ

2回のつわりで合計13キロ痩せてひどい便秘で痔になった私。妊娠中のツワリ軽減対策・便秘解消について説明します。ひどい悪阻と便秘の症状や原因を知り、上手な予防や対処法を学んで快適なマタニティライフを送ろう♪あなたのつわりを改善し楽にするためのブログ

今だけ初回500円で購入できるチャンス>>>ベルタ妊娠線クリームはこちら

妊娠中の足のむくみ・足のだるさの原因と6つの解決法とは?

 

妊娠してから足が見たこともないくらいにパンパン、重いしだるいし歩く気にもなれない・・って悩んでました。

 私以外にも、普段はあまり浮腫んだりするタイプじゃないのに、妊婦になってから足がパンパンにむくんで驚いた人も多いんじゃないでしょうか?

眠れないほどの足のだるさ。少しでも解消したいですよね?妊婦さんの足のむくみやだるさの原因と対策をご紹介します。

 

f:id:namakouso:20160924144758j:image

 

 妊娠中は足が痛い、付け根が痛い、足がつる(こむらがえり)、足がむくむ、足がしびれる・・など足全体のトラブルが非常に多いんです。

 

足のむくみやだるさは体の中の水分が外に上手く排出されないことや血行不良によっておきます。

妊婦さんの足のむくみの原因は主に下記の4点が挙げられます。

  • 体内の水分・血液量の増加妊娠中は自分と赤ちゃん2人分の水分と血液を体内に溜め込むことになり、とてもむくみやすい状態です。血液量が増える妊娠中期~後期には妊婦さんの約半数以上が浮腫に悩まされると言われています。
  • 足の付け根の血管(静脈)の圧迫→子宮が大きくなることにより足の付け根付近の血管が圧迫され下半身の血流が悪くなりむくみます。
  • 塩分の過剰摂取→つわりや食生活の乱れで塩分(ナトリウム)が体内に溜まると身体は水分を蓄えようとするのでむくみの原因になります。
  • 運動不足安静にしていたり、ずっと同じような姿勢でいると筋肉も凝り固まり、血液の循環も悪くなります。結果むくみにもつながります。 

 

妊娠中の足のだるさの原因を見てみると、妊婦期間中は足がむくむのは仕方のないことだと分かります(+_+)でも普段の生活を少しずつ改善することで足のむくみやだるさは緩和させられます。またむくみを解消しやすい飲み物や靴下もありますので、症状が酷い人は試してみるのも良いかもしれません(*^^*)

 

スポンサードリンク

後悔する前に!妊娠線を予防するなら正しいケアを↓

 

妊婦さんが足のトラブルを簡単に緩和させる6つの方法とは?

先ほど足がだるくなる原因をお伝えしましたが、足のむくみを少しでも改善させるためのポイントは下記の2つです。

  1. なるべく体内の血流を良くすること
  2. 体内の水分をうまく体外へ排出すること

この2つを行うための方法を早速ご紹介します♪

 

f:id:namakouso:20170705124616j:plain

①温める

身体が冷えていると血液の循環はますます悪くなってしまいます。湯船にゆっくり浸かったり半身浴をして身体の芯から温めることで、血液のめぐりをスムーズにしましょう。

 

②運動をする

ウォーキングなどで新陳代謝が活発になると血液の流れがよくなります。体調が良ければマタニティスイミングやマタニティヨガもお勧めです。むくみやだるさの改善と一緒にストレスも発散できると一石二鳥ですね。

 

③水分を摂取する

むくむからと水分摂取を控えすぎると、体は水分を体内に留めようとしてしまします。体内の水分の巡りを良くするためにも1日2リットルを目安に水分補給しましょう。むくみがひどい人は利尿作用の高いお茶を活用するのも効果的です。

私は一つの味だと飽きてしまいたくさん飲むことができなかったので、お水(白湯)とノンカフェインで安心して飲めるオーガニックのハーブティーやルイボスティーを順番に飲んでいましたよ。

 

④足元を高くして寝る

寝る時はクッションなどを使い足元を10センチ程度高くして寝ましょう。

血液は全身を巡っていますが、子宮が大きくなると下半身が圧迫され循環が悪くなります。足元を高くして寝ることで下半身の血行不良の改善が期待できます。しかし妊娠中期頃までは良いですが、臨月はお腹も重く仰向けで寝ること自体が難しくなりますので無理はしないようにしましょう。 また高さを高くしすぎても足の付け根を圧迫してしまうので気をつけましょう(*^^*)

 

⑤着圧ソックスを履く

 足がだるくて眠れなかったり、せっかく寝ても足がつって起きてしまう…そんあ人は着圧ソックスを利用しましょう(*^^*)足のむくみやだるさに効果があります!ただし選び方には注意が必要です。

例えばつま先まであるタイプの物は巻き爪を悪化させたり、就寝中は着圧が30mmHg以上のものは動脈閉塞のリスクがあると言われています。

長時間使用したり就寝中に使う場合は20mmHg以下の弱圧の物がオススメでしょう。

ちなみに私は就寝中用に作られた物が安心できると思ったのでこちらのタイプを使用していましたよ。これを履いて寝るようになってから、就寝中に足(ふくらはぎ)がつって目が覚める!という回数がかなり減ったのでお勧め(*^^*)

f:id:namakouso:20170705124226j:plain

詳しく見てみる➡ 寝ながらメディキュット ロング Lサイズ(1足)【送料無料】

 

⑥カリウムを摂取する

不要な水分を体外に排出するために必要なのがカリウムです。

現代人の食生活は塩分過多になりがち…。例えば成人女性の1日の食塩摂取量は7.0g以下が望ましいとされていますが、ラーメン1杯でも平均して5.0gほどの塩分を含んでいるんです。

人間の身体は塩分に含まれるナトリウム濃度を一定に保とうとします。つまりナトリウム濃度を薄めるために体は体内に水分を溜め込んでしまうのです。

これをうまく排出させるために重要なのがカリウムです。カリウムは余分なナトリウムを体外に排出させる効果があります。

カリウムを多く含む食品は沢山ありますので、意識して摂取してみましょう。

  • リンゴやバナナ、キウィ、メロンなどの果物
  • スイカやきゅうりなどの水分が多い野菜
  • 昆布やわかめなどの海藻類
  • 豆腐や納豆などの豆類

 厚生労働省によると、妊婦さんは1日あたり2000mgのカリウムを摂取すると良いそうです。しかしこれがバナナだと5本、キウィだと約9個分。毎日食べ続けるのは難しい…(+_+)と思う人はカリウムを効率的に補う方法もあります。

 

私自身も食生活の改善だけではなかなか良くならなくて探しに探してようやく出会ったのが健康補助食品『するるのおめぐ実』という天然成分で作られたサプリでした。

f:id:namakouso:20170705140712j:plain

@コスメの口コミなども色々読みましたよ↓

f:id:namakouso:20170705135600j:plain

全体の評価も☆5.2と高かったです♪

ただ天然成分と言っても妊婦さんにとって本当に安心なのか?不安に思ったので、電話して問い合わせましたよ。そうしたら『健康補助食品なので基本的には大丈夫ですが、妊婦さんは体調や体質が変わりやすいので念のためお医者さんに相談してください』という回答でした。ちょっと曖昧な回答だったんです(笑)でも無責任に「絶対大丈夫です」と言うより逆に信頼できましたね☆つまり自己責任ということですね。

でお医者さんにも相談したんですが、私の主治医の先生は『飲んでも特に問題ない』とのことでしたのでご参考までに!

詳しく見てみる方はこちら➡するるのおめぐ実

 

スポンサードリンク 

 

 

 

マタニティー期間の足のむくみ・だるさを改善する方法まとめ

足のむくみやだるさを改善するためには、体内に水分を溜め込まないようにすること血液の循環を良くすることの2点が非常に重要だとわかりました。

まずはあなたが取り入れやすい解消法から試してみて下さいね。むくみの酷い人はいくつかの方法を併用すると早く改善されるはずです(*^^*)

 

ただ、いくら血流を改善しても限界がきます。そして夜中起きる回数は激減したものの着圧ソックスなども根本的な解決ではありません。着圧ソックスは水分の移動を阻止して一時的にだるさを緩和しているに過ぎないのです…(;_;)

 

だから根本的に解決したいなら、やはりカリウムは必須でしょう。

実際に私もするるのおめぐ実 でカリウムの摂取を始めてから、足のだるさと痛みがほとんどなくなりました!食べ物はどうしても飽きてしまうけど、サプリならお水ですぐに飲めるから手軽で良かったです。小さい粒で飲みやすいのも助かりました(*^^*)

しかも水太り状態から脱出したのか、妊娠後期の体重測定でも怒られる回数が減ってこれまた嬉しい効果でした(笑)

 

痛みが伴うほどのむくみや足のだるさに悩んでいるあなたは、もし良かったらチェックしてみて下さいね!初回980円と安いし、30日返金保証までついているのでとりあえずお試ししてみて体質に合わなかったら返品することも出来ますよ♪

 

 あなたの足のむくみやだるさが少しでも解消されますように♪

元気な赤ちゃんに会える日を楽しみに乗り越えましょう。

 

 

足のトラブル以外にも!つわりの軽減ならこちら↓

tuwari-kenkyujyo.hateblo.jp

 

 

☆もしよろしければ、ぜひ他の記事もご覧下さい➡記事一覧はこちら ☆

(私と同じ様につわりに苦しむ妊婦さんのためにたくさんの本や資料を読んでつわりの解決策を学びました。きっと何かお役に立てる情報があるはずです♪)