【最新2017】ひどいつわりの症状を劇的に軽減させる方法まとめ

2回のつわりで合計13キロ痩せてひどい便秘で痔になった私。妊娠中のツワリ軽減対策・便秘解消について説明します。ひどい悪阻と便秘の症状や原因を知り、上手な予防や対処法を学んで快適なマタニティライフを送ろう♪あなたのつわりを改善し楽にするためのブログ

激しい食べづわりでも太らない!上手な体重管理6つの秘訣

あまり食べたくないのに食べないと気持ちが悪くなる恐怖・・・食べれば太るという体重管理との戦い・・・。もうどうすりゃいいの!?と思っていた私。

 

食べつわりの人は赤ちゃんに良くないと思いつつ朝から甘いものや揚げ物を食べてしまったり、自己嫌悪に陥る方も多いんです。

また家にいる時はいいけれど、仕事中や通勤中は困るっていう人もたくさんいますよね?

 


吐きつわりも辛いけど、実は食べつわりももの凄く大変なんです。
では暴飲暴食しないためにはどうすればいいでしょう?

 

太りすぎてしまうと妊娠高血圧症候群にかかりやすくなります。そうなると母子ともに危険ですし、妊娠高血圧症候群にならなくても産後ダイエットがものすごく大変だったりします。

妊婦さんの1週間あたりの体重の増加は500g以内にするのが目安だとされていますから、きちんと対処法を勉強しましょう♪

 

こちらでは食べつわりの体重管理に役立つおすすめの食べ方を中心にご紹介します。

あなたがこれを読んで、食べづわりでもストレスを感じない過ごし方の参考になれば幸いです。

 

スポンサーリンク

 

 

 

 重度の食べづわりでも体重が増えない食べ物と対策って?

f:id:namakouso:20180526130049j:plain

① 1日の食事回数を5回〜6回に増やす

食べづわりは食べていれば落ち着くので食事の回数を増やします。でも摂取カロリーは増えないように一度に取る食事の量を少量にします。

 

 

②氷や飲み物でごまかす

食事以外の時間でムカムカしたり気持ちが悪くなって食べたくなったら氷を舐めてみたり飲み物をチビチビと少しずつ飲みます。
飲み物は無糖の炭酸水にすると満足感があり摂取カロリーも押さえられます。氷も良いですが体が冷えてしまうと良くないので食べ過ぎには注意しましょう。

 

 

③ガムや飴を活用する

ガムはシュガーレスの物やミント系やレモン系がスッキリするのでオススメです。
飴もシュガーレスののど飴やつわり中の妊婦さん専用のキャンディーがお勧めです。

 

 

④サラダを食べる

妊娠中の便秘を防ぐために野菜を食べましょう♪
野菜はローカロリーで、しかもサラダなど生野菜は噛む回数が必要なので時間をかけてゆっくり食べることができます。

 

 

⑤低カロリーのものを食べる

間食はところてんやもずく、寒天やこんにゃくゼリーなどローカロリーな物を食べましょう。

 

 

⑥カロリーのある物はご褒美の日に食べる

赤ちゃんの健康や体重管理を気にしつつ、本当は食べたい物もありますよね?そういう時は週に1回決めたご褒美の日に食べましょう♪ 例えば日曜日などと曜日で決めてもいいですし、妊婦健診の後のお楽しみにしてもいいかもしれません。

 

 

スポンサーリンク 

 

 

 

食べつわりでも体重維持しながら前向き過ごすには・・?

f:id:namakouso:20180516205732j:plain

食べづわりは辛いですが、食べていれば落ち着くので飲み物やローカロリー食品の中から自分に合ったものを上手に活用すれば症状を緩和させたりごまかすことが出来ます。

  

でもなぜか濃い味のものや、マクドナルドのポテトなど揚げ物にハマってしまう人も多いんです。そういう時は上記でも説明したように、週に1度少量食べるようにしましょう^^

 

やはりストレスをためるといつか爆発して暴飲暴食にも繋がりますので、できる範囲で自分を甘やかしたりリフレッシュすることも大切です。体調が良い日にはベビー服を見に行ったり、今のうちにゆっくりと夫婦だけの時間を過ごす事もオススメです。


まったく食べれない吐きづわりは衰弱していってしまいますが、食べつわりは『今日も食べれた分、赤ちゃんに栄養を届けられた♪』と前向きな気持ちで過ごすことも大切です。このように捉えることで少しでもストレスを減らすことが食べつわりの解消にもつながるでしょう。


あなたのツワリが一日も早く落ち着くように祈っています。
つわりを乗り越えた後に会える赤ちゃんは本当に愛おしい存在ですよ^^

 

つわり軽減効果の高いビタミンB6が豊富なサプリはこちら↓

tuwari-kenkyujyo.hateblo.jp

 

 

☆もしよろしければ、ぜひ他の記事もご覧下さい➡記事一覧はこちら 

(私と同じ様につわりに苦しむ妊婦さんのためにたくさんの本や資料を読んでつわりの解決策を学びました。きっと何かお役に立てる情報があるはずです♪)