読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

【最新2017】重いつわりの症状を劇的に緩和させる方法まとめ

2回の悪阻で合計13キロ痩せた経験を持つ私がツワリ対策について教えます。つわりの症状や原因を知り、上手な予防や対処法を学んで快適なマタニティライフを送りましょう♪あなたの悪阻を少しでも軽減したり楽にするためのブログです。

今だけ初回500円で購入できるチャンス>>>ベルタ妊娠線クリームはこちら

解決!!重度の吐きづわりを軽減する9つの方法

 

朝来たら嘔吐。食欲がないけどせめて飲み物を飲もう・・としても嘔吐。

妊婦検診に行こうと車に乗って嘔吐。安静にしようと横になっても嘔吐。やっと寝付いてもウッと吐き気起きてで嘔吐。もうね、一生分吐きましたね^^;

食料品の買い出しもままならず、何にもできない自分。

本当に苦しいこの吐き気を楽にするために試した方法あれこれをシェアします。

 

f:id:namakouso:20160910215445j:plain

 

つわりの中でも吐きづわりに苦しむ妊婦さんは非常に多いですよね・・?

特に仕事をしている妊婦さんは大変なんじゃないでしょうか?

 

飲み物さえ受け付けなくて頑張ってほんの一口飲んだのに吐いてしまったり、空腹なのに吐きたくて吐きたくて胃液や血の混じった物を吐いてしまったり、、

ひどい吐きつわりが数ヶ月も続くと顔色も悪く、私はベットとトイレの往復さえもフラフラでした^^;

 

またつわりで全く食べれない日が続くと、赤ちゃんへの栄養も心配になります。

私は第一子妊娠時は『つわりは時間が経過するのを待つしかない・・』と思っていたんですが、1週間に2~3キロ以上体重が減ったり、水分も思うように摂取できない場合には妊婦検診の日以外でも産院が見てくれますよ^^

私は第二子妊娠時は、受診して入院を勧められました。上の子がいたので入院はしませんでしたが、点滴治療に通いましたよ。

もし上記のような場合には、ぜひ産院の先生にも相談してみて下さいね。

 

こちらでは、そんな辛い吐きづわりの症状を自宅で和らげる9つの対策についてお伝えします^ ^

 

スポンサードリンク

後悔する前に!妊娠線を予防するなら正しいケアを↓

 

 重い吐きつわりを緩和する対策9つとは・・・

 

 ①食べられるものを食べましょう

産院に先生によるとツワリの時期は『あまり栄養の事は気にしすぎないで食べられるものを食べましょう』という事でした。オススメは果物や、果物を凍らせて作ったシャーベットなど。あっさりしていて水分が多いものは、食欲がない時でも喉越しがよく食べやすいです^^ 

 

 

②散歩をしましょう

家の中にずっといると気分も滅入ってしまいます。体調が良い日には無理をしない程度に外の空気を吸いに行きリフレッシュしましょう。

家で寝てばかりでは筋力も落ちてしまいます。出産は体力勝負なので体力や筋力の低下を防ぐことも大切です。

 

 

③睡眠をたくさんとりましょう

身体が疲れていると、つわりの症状が強く出る場合があります。

家事の合間に少しソファーに横になる時間を設けたり、仕事をしている人はスケジュールに余裕を持たせるようにしたり、疲れとストレスをためない工夫をしましょう♪

 

 

④締め付けない楽な服装をしましょう

まだお腹がそんなに大きくなっていなくても、マタニティ用の肌着などはとっても楽です。例えばショーツはおへその上まですっぽり包む形をしているので、お腹周りをゴムが締め付けることもないし、お腹の冷えも防いでくれます^^

妊娠中期以降どうせ購入するなら、長く使えるように早いうちに用意してしまいましょう♪ 

 

 

 ⑤家事や仕事を休んだり手を抜きましょう

 つわりは期間限定なのでこの時期は割り切って普段の生活よりペースダウンしましょう。家事は周りの人に手伝ってもらいましょう。頼れる人が周りにいない人も、普段は自分でかけるアイロンをクリーニング屋さんにお願いしたり、キッチンに立つのも厳しい日にはお惣菜やお弁当を買ってみたり周りの便利なを上手に活用しましょう!!

  

 

⑥吐き気を抑えるツボを刺激してみましょう 

f:id:namakouso:20160911135010j:plain

手首の内側、指三本分下のところに内関と呼ばれるツボがあります。

このツボは胸から胃にかけての痛みや不快感を治す効果があります。

 f:id:namakouso:20160911135637j:image

このツボは乗り物酔いやつわり対策に効果があるとされています。

私が使っていたシーバンドはバンドにツボ押しの玉がついていてバンドを腕に装着するだけツボを刺激し続けてくれます。薬に頼らない方法なので副作用もなく安心できる優れものです。

詳しく知りたい方はこちら➡シーバンド SEABAND 乗り物酔い、妊娠中のつわり対策に!

 

  

⑦気分転換や夢中になれるものを見つけましょう

気持ちが悪いからとずっとベッドにいると全然時間がたたなくて一日がとても長く感じられます。少し気分が良い時には気分転換をしましょう♪

出産後は自分の時間があまり取れないので、自分の本当に好きな事に時間を使いましょう^^ 私の友人は『針でチクチク縫っている時だけはツワリを忘れる!』と言って赤ちゃんのために手作りのスタイ(よだれかけ)を作っていましたよ。

 

 

⑧生姜を食べましょう 

 生姜の中に含まれるジンゲロールという成分は吐き気を抑える効果があります。

また生姜には身体を温めたり、胃腸のたはらきを整える効果もあるので妊婦さんにとってとても嬉しい食べ物です。

水分以外も少し摂取できそうな体調の良い日には生姜粥を食べてみるのもオススメです^^

つわりを軽減する上手な生姜の摂取方法はこちら↓

tuwari-kenkyujyo.hateblo.jp

 

 

 ⑨飴やタブレットを食べて口の中をスッキリさせましょう

 胸や口の中が常にムカムカと気持ち悪いあなたにオススメなのはキャンディーです。

でも飴は糖分が多いので食べすぎには要注意です。また不要な添加物も避けたいので、継続的に食べるなら妊婦さんのために作られた妊婦さん専用のキャンディーが安心ですね。 

f:id:namakouso:20160911143549j:image

こちらはアメリカの産婦人科医さん達が勧めるつわりに悩む妊婦さんのためのキャンディーです。天然成分で作られておりドラッグフリーなので安心して食べられますよ。

詳しく知りたい方はこちら➡つわり対策サワーキャンディー

 

f:id:namakouso:20160911143601j:image

こちらは妊婦さにん必須の栄養素である葉酸を1日2粒で摂取できるタブレットタイプのサプリメントです。お菓子感覚で摂取できる点が人気ですよ。

詳しく知りたい方はこちら➡ピジョンサプリメント かんでおいしい葉酸タブレット(60粒入)

 

 

スポンサードリンク 

 

 

 

激しい吐き気を改善するためには・・・

 

吐きづわりを少しでも緩和するには、よく休み、ストレスを溜めないことが重要です。

流産の可能性は妊娠初期ほど高く、つわりは赤ちゃんから『ママ無理しないでゆっくりしてね』というサインだとも聞きます。ゆっくりしたり、好きなことをしたり、少しだけ自分を甘やかしながら乗り切りましょう!! 

 

私は長女妊娠時7キロ減、長男妊娠時6キロ減でした。それでも妊娠後期にはグッと体重が増えてしまうんですよね^^; 吐きづわりは本当に辛いですが、妊娠中の激太りが避けられる♪と前向きに捉えてみて下さいね。

 

また下記の記事につわりの原因と考えられている7つの説をご紹介しました。

そこでも記載しているように、つわりはビタミンB6が不足すると酷くなり、またつわりの治療に使われる点滴にもビタミンB6が含まれています。

ビタミンB6と妊娠中に必須の栄養素葉酸が一緒に摂取できる安心・安全のサプリメントもご紹介しているので読んでみて下さい。

吐きつわりを改善し、赤ちゃんへも必要な栄養を届けることが出来るのでお勧めです。

あなたのつわりが一日でも早く落ち着きますように。。。^^

 

関連記事はこちら↓

 

tuwari-kenkyujyo.hateblo.jp

 

tuwari-kenkyujyo.hateblo.jp

 

 

☆もしよろしければ、ぜひ他の記事もご覧下さい➡記事一覧はこちら ☆

(私と同じ様につわりに苦しむ妊婦さんのためにたくさんの本や資料を読んでつわりの解決策を学びました。きっと何かお役に立てる情報があるはずです♪)